にすた財団とは

活動理念

 私たち にすた財団は暗号通貨(仮想通貨)を自国のフィアット(法定通貨)を得るための投機活動の対象ではなく、独自の文化圏や経済圏を創出するための媒体として、その存在を社会に認知させるために設立された組織です。

 ビットコインを始め、多くの暗号通貨は、その仕組み上、希少性があり取引所での取引が行われていますが、 現在でも、社会一般へ浸透したとは言えず、モナコインをタダであげると言われても、 その受け取りを拒否する人は少なくありません。 暗号通貨が通貨として存在するためには、暗号通貨を相手が「価値のあるモノ」として受け取ってくれるという暗黙の期待と信頼が不可欠です。

 このような暗号通貨を「価値のあるモノ」と認識し、受け取る個人は、共通の価値観持った集団を形成し、 一人ひとりはバラバラなことをしていても、思想的民族集団(コイナー)として、独自の文化圏や経済圏の創造をする存在となると考えています。

 私たち にすた財団は、この思想的民族集団の一助となるべく、設立以来、活動を続けています。

沿革

平成25年12月
モナコインプロジェクト始動
平成26年1月
モナコイン商會(現 にすた財団)設立 ユーザー間の情報格差を無くすための活動を開始
平成29年12月
資産として保有するモナコインの高騰 にすた財団へ改編・名称変更
平成30年2月
にすた財団 ウェブサイト オープン
平成30年6月
にすた財団 公式ブログ オープン

主な活動実績等

TOP引用文

"Okage Sama De: I am what I am because of you"
Japanese cultural center of hawaii
"A small island nation was about to enter a period of great cultural change."
Shiba Ryotaro (2012), Clouds above the Hill, translated by Juliet Winters Carpenter and Paul McCarthy, Routledge, UK.